全国共済お役立ちコラム

損しない入院保障の選び方と注意点について

医療保険は各社によってさまざまな種類があり、入院保障はその中心的な保障制度です。種類が豊富なため、どれを選べばいいのか、加入前に悩んでしまうことでしょう。保障の内容も実にさまざまで、特約を付けるべきなのか? 家計への負担はどの程度か? などの点において慎重な判断が求められます。
今回は損をしないための保険の選び方をはじめ、入院保障や特約の選び方、注意点などについて見ていきましょう。

特約保障だけを残して、主契約を見直すことは可能か?

一般的な保険は「主保険」と「特約」で構成されています。主契約とは保険の契約時に、必ず保険の保障として加入するもので、入院や手術に対する保障が主な契約内容となります。特約とは任意で追加が可能なオプション保障で、病院への通院や先進医療への保障などが契約内容となります。

特約のオプションは途中で解約を行ったとしても、主契約と残りの特約で保険の契約を続けることは可能です。しかし、主契約を解約した場合には、保険そのものの解約という扱いとなり、特約だけを残すことはできません。

そのため、主契約に物足りなさを感じたからといって、先進医療保障などの特約だけを残し、主契約の見直し変更を行ったり、保険の解約をしたりすることはできません。主契約を見直したい場合は、特約も含めて総合的に保険そのものを見直す必要があります。

特約を追加するのか? 単体の保険でいいのか?

特約の保障内容を見ていると、その保障内容が「単体の保険でも加入できる保険商品」として用意されているケースに気づくことがあるはずです。

例えば、特約オプションとして、「がん」の特約を追加しようと考えている場合、「がん保険」として単体の保険商品の存在が気になります。同じように、「三大疾病」への保障として特約オプションをつけることは可能ですが、「三大疾病保険」という単体の商品も存在しています。

このような特約を追加する際は、単体の保険と比べ、保障内容が不十分でないかどうかチェックするようにしましょう。プラスαとしての特約でよいのか、単体の保険商品で十分な保障を求めるのかは、支払う保険料と保障内容のバランスを考慮し、比較・検討してみることをおすすめします。

契約後に追加・解約が可能な特約もある

保険を契約する前にあれこれと迷ってしまい、なかなか決断できない場合は、契約後からでも追加できる特約商品に注目してみるのもひとつの方法です。たとえ契約後だとしても、必要だと思った時点で加入できるメリットがあります。ただ、保険加入時と年齢が変わっている場合、契約当初から特約を申し込んでいる場合に比べ、保険料が高くなってしまう可能性があるため注意が必要です。

また、契約期間が主契約と特約とで異なるケースもあります。主契約が終身保障タイプであっても、特約が一定期間毎に満期を迎える更新型の可能性もあります。特約の保障期間についても十分に確認するようにしましょう。

もちろん、途中で特約を解約することもできます。契約途中で保険料の経済的負担を感じてしまった場合や、別の保険で特約の保障内容をカバーしたいと思った場合は、医療保険全体を解約するのではなく、まずは特約だけを外せるかどうか確認するようにしましょう。

免責事項に注意をする

免責とは責任を免れるという意味ですが、保険における免責とは保障の責任を負いませんという意味になります。

一部の保険では入院給付金の支払いで「免責日数4日」などの条件が付いている場合があります。これは入院した最初の4日間は保険の責任を負わないことを意味します。5日目が、支払い責任日としての1日目。入院期間が7日の場合は、5日目以降の3日分しか給付金が支払われないことになります。

「免責日数なし」の契約内容の場合、1日目から入院給付金が支払われますので、入院7日間に渡り、給付金を受け取ることができます。免責日数は大きな金額差となってきますので、給付金の免責事項はしっかりと確認しておきましょう。

また新たに「がん保険」を申し込んだ場合、契約日から起算して免責期間というものが発生します。契約日より通常90日間の免責期間中に「がん診断」を受けても、保障対象外になるということです。契約から90日後が「責任開始日」となり、それ以前にがん診断されたとしても一切の保障がされません。

免責期間は保険の公平さを保つためのもの。体の異常に気づいていない人もいれば、万が一に備えて保険に加入する人もいるために、公平性を保つために免責期間が設けられています。

最適な保障内容を検討しましょう

主契約の充実か特約の充実か? 保険の加入時にはあれこれと迷うことも多いことでしょう。家計のことや持病の有無、子供のことなど、さまざまな側面から保障内容を検討しなければなりません。また、将来的な家族のライフプランに合った保険内容を選ぶために、契約内容をしっかり確認する必要があります。保険商品についての知識を深めたうえで、自分に最適な保険を選択してください。