全国共済お役立ちコラム

カテゴリー:掛け捨て保険

妥当な金額はいくら?掛け捨て型保険の平均金額とは?

2020-8-4

掛け捨て型保険は、貯蓄型に比べると保険料は安く、大きな保障に備えやすいと言われていますが、実際の保険料や保障額の平均金額はどのくらいなのか気になる方もいらっしゃると思います。保障額は年代やライフステージで異なりますが、自身に合った保障額の設定は、不要な保険への加入を避け、保険料の節約にも繋がります。
また、保険料は健康に過ごせている時程負担に感じるものであり、現在の保険料が妥当なのか、悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、掛け捨て型保険の平均金額について解説します!

掛け捨て型保険のデメリットを踏まえた上で保険を検討しましょう!

2020-8-3

現在、日本銀行が施行したゼロ金利政策やマイナス金利政策の関係で、生命保険を活用した資産運用や将来の貯蓄は得策とは言えないという考えがあります。また、保障は保険で貯蓄は保険とは別のもので考えたいという方もいらっしゃると思います。そのような場合に活用できる保険が、掛け捨て型の保険です。掛け捨て型保険は、お手頃な保険料で大きな保障を備えやすいメリットがあります。
しかし、デメリットもあり、掛け捨て型保険を検討する際にはデメリットも把握しておきたいものです。
そこで今回は、掛け捨て型保険のデメリットを解説します!

掛け捨て型保険は損じゃない?掛け捨て型保険のメリットについて!

2020-8-2

掛け捨て型の保険といえば、支払った保険料が戻ってこないため、損だと思う方もいるのではないでしょうか?そして、掛け捨てという言葉のイメージから、ネガティブに思う方もいるかもしれませんが、本当にお金を無駄にしているのではなく、いざというときの保障を買っているということを忘れてはいけません。掛け捨て型の保険にもメリットはあるのです。
また、保険を検討する際に、掛け捨て型と貯蓄型で迷う方もいると思います。
そこで今回は、掛け捨て型保険のメリットについて解説します!

掛け捨て保険とはどんなものなの?掛け捨て保険について!

2020-8-1

保険には、掛け捨て型の保険と貯蓄型の保険があります。そして、掛け捨て型の保険には「定期保険」「収入保障保険」「医療保険」「がん保険」と様々な種類があります。また、生命保険で掛け捨て型の保険といえば、保険期間が決まった定期タイプの保険になりますが、医療保険では定期タイプの他にも、保障が一生涯続く終身タイプのものもあります。
このように、掛け捨て型の保険と言っても詳しく知らない方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、掛け捨て型の保険についてご紹介します。

老後の不安も解消!?がん保険は掛け捨て保険で選択?

がん保険とはがんの治療に特化した保険商品で、がんと診断された時に一時金で給付される「診断給付金」と手術をした際の「手術給付金」、入院した時の「入院給付金」の3つの基本保障内容があります。では、掛け捨て保険と積み立て保険とでどんな違いが出てくるのでしょうか。今回は「掛け捨て型」と「積立型」の比較を「がん保険」を例に見ていきたいと思います。

保険料はアップするの!?掛け捨て保険での更新の注意点とは

定期保険型の掛け捨て保険は毎月の保険料金が貯蓄型の終身保険と比べて安いですが、注意しなければいけないことがあります。それは「自動更新」という制度です。
一般的に死亡保険は年齢が上がっていくとともに、毎月の保険料金が上がっていくというのを聞いたことがあると思いますが、これは自動更新の制度があるためです。今回は掛け捨て保険の注意点などを解説していきます。

定期保険を取り入れ、ステージニーズを満たす

前回コラムで掛け捨て型と積み立て型の保険の違いや目的、メリットなどをご説明致しましたが、今回は同じように保険の中でも、終身型と定期型に分類してメリットでデメリットなどの保険内容などの理解を深めていきたいと思います。ぜひ前回のコラムと合わせて保険を選択する上での参考にしていただければとおもいます。

「掛け捨て」を選択される方の目的について

実際に「掛け捨て」の保険を選択される方々はどのような目的やメリットなどで掛け捨て型を選択されているのか気になるところですね。それぞれ「積み立て型」保険と「掛け捨て型」保険のメリットやデメリット、また、加入検討される方の理由や目的、向き不向きなどに関して、今回は理解を深めていきたいと思います。ぜひ、保険を選択する上での参考にしていただければとおもいます。