全国共済お役立ちコラム

月別アーカイブ:2018年8月

医療保障か教育費の貯蓄か!?こども保険と学資保険の違いについて

こども保険の内容は子どもの医療保障がメインですが、養育費や教育費のための貯蓄型商品の側面もあります。同じような内容として学資保険もありますが、両者の違いはどのようなものがあるのでしょうか。今回は、こども保険と学資保険の違いについて解説します。

保障と貯蓄で未来に備える。こども保険の保障内容とは?

こども保険とは、子どもを被保険者として販売されている保険の総称のことで、子どもの教育資金の積み立てやケガ、病気に対して備える保険です。それらの使いみちから、「こども保険」などの商品名で販売されています。では、具体的にどういった保障を受けられるのでしょうか?今回は、こども保険の保障内容を詳しく見ていきましょう。

こども保険は月額の掛け金が安い保険がおすすめ

子どもの医療保険は、民間の保険会社の商品よりも共済の商品がよいと言われることがあります。
毎月の掛け金が安く保障も充実している共済ですが、どのような点が優れているのでしょうか。また、毎月の掛け金や保障内容、商品のラインアップにはどのようなものがあるのか。保険の加入を検討する際に知っておきたい共済の特徴について見てみましょう。

こどもの医療保険を検討する際のポイントとは?

子どもが成長する中で、万が一のことが起こってしまった場合の備えとなる保険。加入する必要があるかどうかに関しては、なかなか検討が難しい部分もあると思います。
地方自治体の医療補助制度など、無理に保険に加入する必要がない人もいるでしょう。それでも心配だから、念のために検討しておきたいという人も少なくないはずです。
今回は、子供の医療保険に加入するかどうか見極めるうえでのポイントについて考えてみましょう。

子どもの将来のことを考えるなら加入を検討したい!こども医療保険の必要性とは?

「親に比べると子どもは若くて元気」「万が一のことが起こるリスクなんて少ないのでは?」と考えてしまうと、こどもの医療保険の必要性はあまり感じないかもしれません。しかし、万が一のことは起こってからでは遅すぎます。災害時のリスクは? 交通事故に遭ってしまったら? やはり子どもにも万が一のリスクは存在します。ここでは、こどもの医療保険の必要性について解説します。

病気やケガ等こどもの万が一にも備えたい!こどもの医療保険とは?

保険は大人の将来に備えたものばかりではありません。子どもが成長する中で、万が一のことが起こってしまった場合の備えとなる保険もあります。今は健康に育っているとしても、そこにどんなリスクが潜んでいるかわかりません。ここでは、病気やケガなど子どもの万が一に備えられる、こどもの医療保険について考えてみましょう。

子どもの万が一に備えたい!こどものための保険比較のポイントとは?

家計を支えるパパやママたちの将来のことを考え、万が一のことが起こった場合の経済的リスクに備えるための保険。保険選びを続けていると、「子どもに万が一のことがあったときはどうしよう?」と考えることもあるでしょう。そんなときは、こども保険に加入することも検討してみましょう。では、どんなポイントを意識して保険を選べばいいのでしょうか。ここでは、子どものための保険比較のポイントを解説します。

子どもを持つ家族にとっての強い味方!?こども保険の特徴とは?

子育てをしていると、成長に合わせてたくさんのお金がかかります。そんな子育て期間中に、家計を支える一家の大黒柱に万が一のことが起こってしまったら? そんな風に考えたことはないでしょうか。 今回は子どもを持つ家族にとっての強い味方、こども保険の特徴を見てみましょう。