全国共済お役立ちコラム

月別アーカイブ:2018年12月

火災共済のメリットとデメリットとは

7.火災共済のメリットデメリットとは

火災共済とは、共済保険の火災の保障をしている商品の事でして、火災はもちろん、地震の保障や風水雪害等の見舞共済金を手頃な掛金で充実の保障をしている商品です。求めるタイプによって変化は出てきますが、今回は、火災共済のメリットとデメリットなどを取り上げていきたいと思います。

火災共済の加入対象や加入方法について知りたい!

8.火災共済の加入対象や加入方法について知りたい!_校正済 (1)

気温が下がり乾燥する冬のシーズン。特に気をつけたいのが火事です。火事は自分だけが気をつけていても、隣家から出火した火が原因で被害を受けてしまうこともあります。そういった事態を考えれば、被害を受ける可能性をゼロにすることはできません。
そんな不安に備えられるよう、共済にも火災に対する備えが用意されています。今回は、火災共済の加入対象や加入方法について見ていきましょう。

火災共済の地震特約で万が一の備えを考えてみる

昨今の日本での地震被害をニュースで目にすると、共済や保険による備えへの関心も高まるのではないでしょうか。大切なマイホームが大きな損害を受けてしまうことを考えれば、火災共済や火災保険への加入など、地震に対する備えの必要性を感じることでしょう。今回は、全国共済の新型火災共済が提供している地震特約について見ていきましょう。

賃貸住宅に住むなら火災共済への加入は必要?借家人賠償責任特約とは

借家人賠償責任特約という保険をご存知でしょうか? 賃貸住宅に住んだことがある人なら、火災保険に付帯して加入したという経験を持つ人もいるかもしれません。万が一の備えは、マイホームだけに限って必要というわけではありません。賃貸住宅に住んでいる人にとっても、不測の事態への備えは欠かせません。今回は、賃貸住宅に住んでいる人にとって、万が一の備えになる特約「借家人賠償責任特約」について見ていきましょう。

火災共済で共済金が支払われる事例が知りたい!

建物や家財に万が一のことがあった場合の備えになる火災共済。加入を検討するにあたり情報を収集していると、保障の対象やさまざまな条件などが設けられていることに気づきます。実際にはどういったケースでどのくらいの共済金が支払われるのかわからず、迷ってしまう人も少なくないはずです。今回は、火災共済に加入していた場合、どういったケースでどのくらいの共済金が支払われるのか、具体的な事例を見ていきましょう。

どう違うのか知りたい!火災共済と火災保険の違いについて

住まいのアクシデントに備える保障を検討していると、火災共済と火災保険という2つの言葉を目にすることがあるでしょう。共済と保険という異なる名前を持っていることから違いがありそうですが、具体的な違いがわからない。明確な違いを知って正しく比較・検討したい。そんな人も少なくないはずです。今回は、火災共済と火災保険の違いについて考えてみましょう。

手頃な掛け金で見舞共済金が受け取れる火災共済の保障内容とは?

手頃な掛け金で安心の保障が受けられる火災共済。万が一の事態には、さまざまなアクシデントが想像されますが、どのようなケースで共済金や見舞金が受け取れるのでしょうか? 今回は、火災をはじめ風水雪害や地震など、さまざまな万が一の事態に備えられる火災共済の保障内容について見てみましょう。

手頃な掛け金で住宅や家財の保障が受けられる火災共済とは?

共済保険は、民間の保険会社よりも安い掛け金で保障を受けられますが、所有している住宅や家財に対する備えの保障ってないの? そう考える人もいるのではないでしょうか。共済保険では、火災や地震に備えた保障も提供されています。今回は、手頃な掛け金で保障を受けられる、共済保険の火災共済について見ていきましょう。