全国共済お役立ちコラム

月別アーカイブ:2019年1月

シニアの保険の内容を比較してみましょう。

2019年1月6

「シニアの保険」とは、名前の通り「シニア」と呼ばれるリタイア後の世代の方向けの保険。
リタイアして収入が少なくなっても、生活していく上での不安を少しでも軽減してくれるため保険には入っておきたいものですよね。
保険に入っていると怪我や病気をしたとき、万が一死亡したときにかかるあらゆる費用の負担を軽減してくれますが、年齢に応じてどの保障に重点を置くかかわってくるため、シニア向けの保険に切り替えたり保障の内容を見直したりする必要があります。

知っておきたいシニア世代の保険。手軽に始められるシニア共済。

2019年1月5

年齢を重ねると誰しもが気になるのが、ご自身の身体や保険についてですよね。
特に周りの方に怪我や病気をした人がいる、なんていう話を聞いたら、余計に手厚い保険を考えてしまうこともあり、はたまた最近では、貯蓄さえあれば保険には入る必要がないという考えの方もいますよね。
保険の必要性が問われている現代で確かに月々高額な保険料を払っていては、ばかばかしいこともあります。手厚い保障内容の保険に入ることも安心ですが、必要・不要を冷静に見分けることが大切です。

老後は事故に合いやすいって聞いたけど、適した保険はあるの?

老後の事故に適した

最近、高齢者による車の運転事故のニュースを目にする機会が増えてきました。自分は関係ないと思っていても、それに巻き込まれる可能性がゼロとはいえません。
人は高齢になるにつれてどうしてもケガをしたり事故に合う可能性は高くなってしまいます。自分自身の老後あるいはご両親や祖父母のためにも、
特に事故におけるシニア向けの備えについて考えていきましょう。

老後の医療保険について、万が一に備えましょう

老後の医療保険に関して

日本にいると、少子高齢化というワードがあちらこちらで聞かれるようになってきています。それに伴い、高齢者の方々を対象にした保険や共済、いわゆるシニア保険、シニア共済の取り扱いも増えてきました。CMでもよく見かける方もいらっしゃるのではないでしょうか。高齢者になると、どうしてもケガや病気で医療のお世話になることが増えてくるでしょう。そこで、今回はシニア保険、シニア共済について、その特徴や考え方などもふまえて把握していきたいと思います。

老後に必要な生活資金や貯蓄と保険に関して

超高齢化社会と呼ばれている昨今ですが、昭和の時代と比べてみても、雇用環境や会社員の働き方の違いや、公的年金制度の不安など、将来において色々と考えることは尽きないと思います。受け取ることができる年金額と比較して、老後に必要な生活資金や、老後に必要な貯蓄金額など、シニア世代を迎えるにおいての生活資金や貯蓄と保険において今回は考えて見たいと思います。

シニアに必要な保険の内容とは?

高齢化社会と呼ばれる昨今ですが、ご自身もシニアと呼ばれる年代に差し掛かり、保険の見直しをされる方も多くいらっしゃるでしょう。この世代の方は子どもが独立するなど、家族に対する経済的責任が小さくなり、万が一の時に備える死亡保障の必要性は30歳代・40歳代に比べて低くなってきます。その代わりに、病気やケガが若い頃よりもかなり多くなるため、医療保障の重要性が増してきます。今回はシニアの方々の保険の種類や必要性などを考えて見たいと思います。