全国共済お役立ちコラム

月別アーカイブ:2020年11月

心筋梗塞は突然に?前兆症状はある?

2020-11-4

皆さんご存じの通り、人の体の最重要臓器は心臓ですよね。
そんな大切な心臓も、様々な要因により病気になってしまう事があります。今回のお話は、日本の死因第2位となる「心筋梗塞」についてです。
心筋梗塞という病名は何度も耳にした事があるかとは思いますが、実際に心臓に何が起きているのかご存じですか?
今回は、心筋梗塞のメカニズムを解説し、いざという時にサインを見逃さないよう、前兆症状についても一緒に見ていきましょう。

脳卒中、原因は意外と身近に…?

2020-11-3

さて前回のコラムにて、脳卒中についての実際の患者数や、予後の生活などを数字で見てきました。日本人の死因で、脳卒中は三大疾病の中で最下位の3位にはなるものの、幸い死を免れたとしても、罹患前と同じような生活が出来なくなる可能性が決して低くはないという事がわかりました。
では、この脳卒中の原因は何なのでしょうか?
早期で気付く事ができる前兆はあるのでしょうか?
そして罹らない為の予防法はあるのでしょうか?
という事で、今回は脳卒中に焦点を当てて見ていきたいと思います。

数字で見る三大疾病

2020-11-2

前回のコラムで、三大疾病が命に関わるような恐ろしい病気だという事が少し理解できたかと思います。
しかし、やはりどのくらいの確率でかかるのか(罹患率)、また罹ってしまった場合はどのような予後になるのかを数字で把握していなければ、本当の意味での三大疾病の怖さを理解する事はできません。
今回は数字を見ながらお話を進めていき、日本の死因における三大疾病の占める割合から、ガン・心筋梗塞・脳卒中、それぞれ3つの病気の罹患率や予後について見ていこうと思います。

三大疾病とは?

2020-11-1

三大疾病(さんだいしっぺい)という言葉は、皆さん1度は耳にした事があるのではないかと思います。その言葉より、3つの大きな病気を指す言葉だとは予測がつくかと思いますが、実際に何の病気が当てはまるのかご存じでしょうか?
病気が大きなものになると「自分は大丈夫だ」と、つい目を背けてしまいがちになりますが、いずれも命を脅かす怖い病気であり、しっかりと理解しておく必要があるのです。
今回はこの3つの病気について解説していきますので、一緒に見ていきましょう!