全国共済お役立ちコラム

皆さんがいつまでも健康で幸せに暮らしてほしい、
暮らしのお役立ち情報をお届けする全国共済のブログです。

最新記事

共済と保険の違い:共済金に税はかかるの?

2021-4-8

民間の保険とよく一緒に検討される「共済保険」。
その加入のしやすさや、掛け金が生涯一律などの見通しの良さから、前向きに検討される方も多いのではないでしょうか。
そんな皆さんは、「共済と民間の保険の違い」についてご存じですか?
民間保険では、保険金を受け取ると金額によって税がかかってしまうものがあります。では、共済の場合は共済保険金を受け取った際、税がかかるのでしょうか。その場合、どのような税の種類になるのか、見ていきましょう。

課税対象になる保険、ならない保険とは?

2021-4-7

30代以上の保険加入率はいまや、80%以上にものぼりますが、その目的としてはやはり、“いざ”という時の経済的なサポートかと思います。
しかし気になるのが、「受け取った保険金等には税がかかるのか?」ということです。
実際に病気やケガ、死亡など、万が一のことが起こった際に、「せっかく毎月保険料を払っていたのに思っていたよりも受け取った金額が少なかった――」とならないように、保険金等にかかる税の内容をしっかりと把握し、計画的な保障を受けられるようにしましょう。

相続税対策に有効!?生命保険の活用

2021-4-6

身内の人が亡くなってしまった際に考える事の1つとして、相続の問題があります。財産を相続した場合はもちろん、相続税のことを忘れてはなりません。
財産を相続した場合、その全てが相続税の対象になるわけではなく、「基礎控除」よりも多くなってしまった際にその超過分に対してのみ相続税がかかります。
しかし、受け取れる財産に対する相続税は軽減できた方が良いですよね。さて、「相続税対策に生命保険が活用できる」ということを聞いたことがありますでしょうか。今回はそんな“相続税と生命保険”についてお話していきます。

年末調整・確定申告【生命保険料控除の申請】

2021-4-5

会社員、そしてアルバイト・パートとして勤務をしていると、1年に1回、「年末調整」が行われますね。
もう何年も書いているから慣れているという方も多いかとは思います。では、「確定申告」についてはどうでしょうか。年末調整をしていても、状況によっては確定申告をしなければならない場合もありますので、こちらも理解しておくことが大切です。
また、保険に加入している場合、年末調整で控除を受けられますが、申請し忘れてしまったらどうしたらよいのでしょうか。

保険金にかかる税、申告しなかったらどうなるの?

2021-4-4

生命保険などに加入していた場合、被保険者が死亡した時は「受取人」となっている人や「法定相続人」となる人が保険金を受け取ることとなります。
しかしもちろん、保険金全てそのまま受け取れるわけではなく、税がかかるという事を頭にいれておかなくてはなりません。
身内が死亡した場合、やる事が多く精神的なところも含めてなにかと落ち着かない日がしばらく続くでしょう。そんな中、万が一保険金に対する税の申告が漏れてしまった場合、一体どうなるのでしょうか?

死亡保険金にかかる税は「相続税」だけではない?

2021-4-3

病気やケガ、そして死亡に備えて保険に加入している方の割合は30代を過ぎたあたりから90%程にも上ります。
しかし皆さん、万が一の事が起こった時に受け取れる「保険金」にも税が関わってくる事はご存じでしたでしょうか?
人が亡くなった際に受け取る遺産等には相続税がかかることはよく知られていると思いますが、果たして「死亡保険金」にかかる税も全て「相続税」になるのでしょうか?今回は死亡保険金に関連した税の種類について見ていきます。

親の死亡時、相続税はいくら?死亡保険はどうなる?

2021-4-2

自分の親が亡くなってしまった際に、その家族や身内の人は対応しなければならない作業が沢山出てきます。
なかでも「相続」という言葉は一番に頭に浮かぶ方は多いと思いますが、特に相続する際にかかる「相続税」に関しては、大きな金額になるという不安がある上に、その内容は複雑で難しく、“まず何から考えれば良いのかわからない”とお考えの方も少なくないことでしょう。
今回は、親の死亡時にかかる相続税の基本について解説していきましょう

保険で税金対策ができる?

2021-4-1

普段私たちが生活している中で、「税」は常についてまわるものですよね。物を購入する時も税が含まれた金額が請求され、当たり前のように支払っています。
しかし、会社で仕事をして給与を貰っているとかかる税、住んでいるだけでかかる税等は、意外とばかにならないものです。
もしもこれらの税を減額できるのであれば、それに越したことはありません。
今回はその1つの方法として、保険と節税についてお話していきましょう。