全国共済お役立ちコラム

皆さんがいつまでも健康で幸せに暮らしてほしい、
暮らしのお役立ち情報をお届けする全国共済のブログです。

最新記事

火災共済で共済金が支払われる事例が知りたい!

建物や家財に万が一のことがあった場合の備えになる火災共済。加入を検討するにあたり情報を収集していると、保障の対象やさまざまな条件などが設けられていることに気づきます。実際にはどういったケースでどのくらいの共済金が支払われるのかわからず、迷ってしまう人も少なくないはずです。今回は、火災共済に加入していた場合、どういったケースでどのくらいの共済金が支払われるのか、具体的な事例を見ていきましょう。

どう違うのか知りたい!火災共済と火災保険の違いについて

住まいのアクシデントに備える保障を検討していると、火災共済と火災保険という2つの言葉を目にすることがあるでしょう。共済と保険という異なる名前を持っていることから違いがありそうですが、具体的な違いがわからない。明確な違いを知って正しく比較・検討したい。そんな人も少なくないはずです。今回は、火災共済と火災保険の違いについて考えてみましょう。

手頃な掛け金で見舞共済金が受け取れる火災共済の保障内容とは?

手頃な掛け金で安心の保障が受けられる火災共済。万が一の事態には、さまざまなアクシデントが想像されますが、どのようなケースで共済金や見舞金が受け取れるのでしょうか? 今回は、火災をはじめ風水雪害や地震など、さまざまな万が一の事態に備えられる火災共済の保障内容について見てみましょう。

手頃な掛け金で住宅や家財の保障が受けられる火災共済とは?

共済保険は、民間の保険会社よりも安い掛け金で保障を受けられますが、所有している住宅や家財に対する備えの保障ってないの? そう考える人もいるのではないでしょうか。共済保険では、火災や地震に備えた保障も提供されています。今回は、手頃な掛け金で保障を受けられる、共済保険の火災共済について見ていきましょう。

掛け金を抑えて保障を受けられる!都道府県民共済が選ばれる理由とは

民間の保険にも多くの種類があるのと同様に、共済保険にもさまざまな種類があることをご存知でしょうか。それぞれの共済保険には特徴があるため、自分に適した保険を正しく選びたいところですね。今回は、共済保険にはどういった種類や特徴があるのか。また、共済保険のなかでも、幅広く知られている都道府県民共済について考えていきましょう。

共済保険を選択すべき人とそうでない人の特徴について

保険にはさまざまな種類がありますが、実は仕組みとしても種類があります。そのなかでも、共済保険は民間のものとは異なる仕組みを持っている保険です。では、共済保険はどういった人が選ぶべき保険なのでしょうか?今回は、共済保険について説明をしながら、選択すべき人、選択すべきでない人の特徴を解説していきます。

シニアも安心!年齢によって保険料が上がらない共済保険の熟年型とは

シニア世代になると子どもが独立する人も増え、家族に対する経済的責任も小さくなることが多いもの。死亡保障の必要性は30歳代や40歳代のときに比べると低くなります。
一方、自身の健康状態は病気やケガの可能性が高まるため、医療保障の重要性が増してきます。そんなシニア世代はどのような備えをすべきなのでしょうか? 今回は、ライフスタイルの変化や老後の生活に備えるための保障選びのポイントについて考えてみましょう。

子ども保険の重要性とは?共済保険で考える『こども型保険』

子どもの病気やケガに備えた保険に加入するかどうか、親としては迷ってしまうところ。本当に子どもの保険に加入する必要性があるのか、どんな保険に入ったらいいのかなど、あれこれと悩んでしまうことでしょう。今回は、子ども保険の重要性をはじめ、加入を検討するうえで参考にすべきポイントなどについて考えてみましょう。