全国共済お役立ちコラム

皆さんがいつまでも健康で幸せに暮らしてほしい、
暮らしのお役立ち情報をお届けする全国共済のブログです。

最新記事

自転車で事故を起こして怪我させてしまった時

2019.2.18

普段、主な移動手段として自転車を使うという方は多いと思います。
毎日通勤・通学のため駅まで使う、スーパーへの買い物は自転車でなど用途は様々ですよね。

もしも普段通り自転車に乗っていて事故を起こしてしまい、相手が怪我をしてしまった時は大変ですね。
今回は、その時の相手の方の補償などを考えて見ましょう。

個人賠償責任保険で身近な自転車事故に備えましょう

自転車は誰でも手軽に乗れて、移動は早いですし、非常に便利な乗り物ですよね。ですが、それゆえに、事故を起こしてしまう可能性も高いです。あぶない思いをしたことがある人も少なくないのではないでしょうか。そんな時には個人賠償責任保険に入っておくと安心です。
ということで、今回は身近な自転車事故に関連して、個人賠償責任保険を紹介していきます。

家族のためにも、個人賠償責任保険を検討すべき?

2019.2月3

例えば、結婚して、子どもも生まれ、その子供が成長していく。そんな過程のさなかで、子供同士のトラブルや他所の子供に怪我をさせてしまうことなどの可能性があります。どうしても心配する気持ちも大きくなってしまうのではないでしょうか。もちろん何も起きなければ嬉しいのですが、そんないざというときに備えておくための保険の一つに「個人賠償責任保険」があります。
今回は特に家族にとっての個人賠償責任保険について紹介していきます。

生活する上での賠償リスクに備えたい!

2019-2-2

日常生活をしているとわざとではなくても他人のものを壊してしまったり、ケガをさせてしまったりする危険がありますよね。謝罪で解決すれば良いですが、内容によっては、多額の損害賠償などを請求されるケースも多くありますよね。そのような時に治療費や賠償金額を保障してくれる保険があるのをご存知でしょうか。その名も「個人賠償責任保険」と言います。

もしものトラブルに備える保険はありますか?

2019-2-1

日々の過ごす中で注意して生活していても、モノを壊してしまったり、大きなケガをさせてしまったりするリスクは避けられません。損害額が小さければまだよいのですが、数十万円を超える場合も少なくありません。例えば、自転車事故という身近な場合でも、実際に裁判で約1億円の賠償が命じられているケースもあります。そうなると、一般の家庭で支払うことは難しく、自己破産に追い込まれる可能性も出てきます。そんなときに、今回ご紹介する個人賠償責任保険に入っていると安心です。早速紹介していきましょう。

シニア世代の貯蓄額は幾らくらいなのでしょう?

老後の生活を考えるときに、多くが心配するのがお金についてですが、一体いくら位の貯金があると老後の生活に足りるのだろうと考えても、なかなか答えが出ないことも多いと思います。

では実際に高齢者世帯はどれくらいお金を貯めているのでしょうか?
またいくらくらい老後の生活で必要なのか、今回は考えてみたいと思います。

シニア世代の病気の現状を知りたい

シニア共済7

シニア世代になると病気にかかりやすくなり、また病気も治りにくくなると言われておりますが、確かに病院にいくとシニアの方が多い気がしますよね。
またどのような病名に罹っているのかも気になるところであります。
実際にはどうなのでしょうか。今回はシニア世代の病気の傾向を考えてみて、それに適した対策を検討していきたいとおもいます。

シニアの保険の内容を比較してみましょう。

2019年1月6

「シニアの保険」とは、名前の通り「シニア」と呼ばれるリタイア後の世代の方向けの保険。
リタイアして収入が少なくなっても、生活していく上での不安を少しでも軽減してくれるため保険には入っておきたいものですよね。
保険に入っていると怪我や病気をしたとき、万が一死亡したときにかかるあらゆる費用の負担を軽減してくれますが、年齢に応じてどの保障に重点を置くかかわってくるため、シニア向けの保険に切り替えたり保障の内容を見直したりする必要があります。