全国共済お役立ちコラム

カテゴリー:三大疾病

人によって違う!?保険料払込免除特約の必要性

保険料払込免除特約は、主に三大疾病になったときに保険料の支払いが免除される特約です。初めてがんと診断確定された時や、急性心筋梗塞や脳卒中で所定の状態になった時に、その後の保険料の払込みが免除されます。所定の状態は各保険会社によって異なりますので、確認が必要です。

病気が発生してからでは遅い!三大疾病保険と治療費について

三大疾病の治療費と入院期間はどのくらい?
病気の中でも入院日数が長引き、治療費負担が大きくなりがちなのが三大疾病と呼ばれるガン・脳卒中・急性心疾患。では、三大疾病にかかった場合どのくらい費用がかかるのでしょうか。それぞれの治療費と入院期間、保険金が支払われる条件も合わせて見ていきましょう。

終身型と定期型など三大疾病保険の種類と特徴は?

がん、心筋梗塞、脳卒中の三大疫病が発生してしまったときのリスクに関しては、他の記事でも触れていますが、実際にそういったリスクに備えた保険や保障の種類や特徴、終身型と定期型の違いなど、具体的に三大疾病保険がどのようなものなのかを見ていきましょう。

知らないと損をする!?三大疾病保険の費用と支払い要件について

医療費が高額になる可能性が高い がん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中(脳出血・くも膜下出血・脳梗塞)。
死亡率がおよそ55%にもおよぶとされる三大疾病。こうした三大疾病にかかると、どれくらいの医療費がかかるのでしょうか。

三大疾病の発病確率や年齢について

がん、心筋梗塞、脳卒中の三大疾病は、日常生活においての生活習慣が原因で発症したり進行したりするといわれています。食生活の偏りや運動不足、喫煙や仕事のストレスなど、長い年月をかけて積み重なったものが原因となり、はっきりとした自覚症状を伴うことなく発症します。

がんの発生原因としては、喫煙と食生活がそれぞれ30%近く影響しているといわれたり、戦後から急速に食の欧米化が進んだことにより、日本人のがん発生が急上昇したともいわるなど、がんは日本人にとって無視できない将来的な病気のリスクなのです。

今回は、将来の病気に備え、知っておきたい三大疾病の発症確率や年齢・原因について考えてみましょう。

住宅ローン返済中のときにガンなどの三大疾病になってしまった際、どうする?

人生で一番の高い買い物「マイホーム」。多くの方が住宅ローンを組んで購入されることでしょう。
多くの場合、何十年も年月を重ねてローンを少しずつ返済していくことになるため、途中で病気や事故に遭遇して死亡したり、高度障害で働けなくなったりと、返済が滞ってしまう可能性もあります。
今回はそんな住宅ローン返済中に、「もしも三大疾病になってしまったら?」という経済的リスクに備える三大疾病保障付きの住宅ローンについて考えてみましょう。

万が一のときでも安心!経済的なリスクをカバーしてくれる三大疾病の保険について

将来、大きな病気にかかってしまい、莫大な医療費が必要になったらどうしよう……。そんな不安が頭をよぎったとき、保険について考えてみたくなるのではないでしょうか。日本人の死因の多くを占める三大疾病に備えた保険は、特に気になるところ。今回は、三大疾病にかかってしまったときの経済的リスクに備える、三大疾病保険について考えてみましょう。

日本人の死因の50%以上!?将来に備えて知っておくべき三大疾病について

将来のことを考えると、どうしても健康のことが心配になってくるもの。がんや心筋梗塞など、将来的な病気のリスクについて病名くらいは知っているという人は多いのではないでしょうか。しかし、実際に病気を患ってしまったとき、どうやって生活していけばいいのか、具体的なイメージができている人は意外と少ないはず。
今回は、日本人の死因の上位を占める三大疾病について詳しく見ていきましょう。